葉酸の意識的な摂取前に医師の指示が必要な人とは

葉酸の意識的な摂取前に医師の指示が必要な人とは

妊婦はもちろん、一般の人も葉酸を積極的に摂取するメリットがたくさんあります。
しかし中には自己判断で積極的摂取をすると、逆効果になってしまうケースがあります。
食事もサプリメントも基本的に安全な物ですが、医師の指示が必要な人もいますので注意してください。

葉酸はビタミンBの一種ですから、食事やサプリメントから摂取しても、毎日のように上限を超える摂取をしていない限り、害になることはありません。
他の栄養素や成分と相性が悪いという事もほとんどありませんが、医薬品に関しては同時に摂取すると、薬の効き目を邪魔してしまう物があります。
葉酸と同時摂取をしない方がいい薬を紹介しておきます。

ピル、アスピリン、抗てんかん薬のフェノバルビタールとフェニトイン、抗生物質のクロラムフェニコール、は薬の吸収を妨げるので治療の効果を半減させてしまいます。

睡眠薬に配合するバルビツール、合成抗菌薬のトリメトプリム、抗マラリヤ薬のピリメタミンは、葉酸の効果を邪魔します。
ピリメタンは寄生虫駆除薬として使う事もあります。

抗腫瘍薬のフルオロウラシル、カペシタビンは、激しい下痢や嘔吐などの、副作用を強くさせる可能性があります。

抗がん剤のメトトレキサートは、葉酸不足を深刻化させるため、他の薬剤を投与して深刻な不足を補う事があります。

このように薬によって、葉酸の効果を邪魔したり、薬の効果を邪魔したりと状態も変わっています。
治療でこれらの薬を服用している場合は、自己判断で安易に取り入れてしまうと、治療の妨げになってしまう事があります。
該当する場合は、必ず医師に相談し許可を得てから取り入れてください。
もしも許可がおりない場合は、サプリメントであっても使用は控えたほうがいいでしょう。

リスクがある以上、少しでも危険な事は避けておく方が安心です。

医師から許可が出ても同時に服用するのはNGです。
薬は飲む時間が決まっているので、併用する場合は2時間から4時間開けて服用します。