葉酸を過剰摂取するとどうなるのか

葉酸は通常で1日あたり200マイクログラム、妊婦で400から480マイクログラム必要とされています。
栄養バランスを考えて普通に食事をしていれば、200マイクログラムは比較的楽に摂取できます。
妊婦の場合は食事で足りない分はサプリメントでも摂取できますが、いずれの場合も上限は1,000マイクログラムとなっています。

葉酸は水溶性のビタミンですから、多少多めに摂取しても吸収されない分は体外に排出されます。
体に良い成分の中には、1日の上限が設定されていない物もあって、過剰摂取をしても体外に排出されるなら安心と思えます。
しかし葉酸の場合は、1日あたりの上限を1,000マイクログラムと決めていて、過剰摂取をすると葉酸過敏症に成るリスクが高まります。

上限が設定されている場合は、それを超えないようにする事が大切です。
葉酸過敏症になると、発熱、蕁麻疹、呼吸困難といった症状が出ます。
摂取を減らせば症状は改善されますが、妊婦が過剰摂取をすると、赤ちゃんの小児喘息のリスクを高めるので軽視できません。

妊娠中はより多くを必要としますし、厚生労働省からも積極的な摂取を推奨しているため、頑張ってたくさん摂る事があります。
1日1,000マイクログラムを超えなければいいのですが、レバーには豊富な葉酸が含まれている事から、毎日食べると過剰摂取になる可能性があります。

レバーは貧血予防にも効果的ですから、妊娠中にもおすすめの食材ですが、毎日食べるのはあまりおすすめできません。
どうしても食べたい場合は、レバーペーストにしましょう。
時々なら1日1食のどこかに100グラムまでは取り入れてもいいですが、この場合、サプリメントはお休みするなど調整が必要です。

たまたま1日だけ過剰摂取をしてしまっても、すぐに何か影響が出るという事はありませんが、リスクがある以上は避けておいたほうがいいでしょう。
レバー以外では普通に食べていれば、サプリメントと併用しても過剰摂取になる心配はありません。

ビタミンBの一種でも、過剰摂取によるリスクが赤ちゃんにも及ぶ場合は、そうならないよう注意する事が大切です。