妊娠中に摂取すべき葉酸量

妊婦は通常よりも多くの葉酸を必要としています。
これは母体の健康のためという意味もありますが、ほとんどが赤ちゃんに影響してくるからという理由です。
妊娠初期は特に重要な部分の成長に必要ですし、中期から後期にかけて、授乳が終わるまでも積極的な摂取を意識していきます。

一般的には普通に毎日バランスを考えた食事をしていれば、1日あたり200マイクログラムの葉酸を摂取できていると言われています。
しかし妊婦は通常よりも多くの葉酸が必要ですから、バランスを考えた食事をしていても、必要量とされる400から480マイクログラムには足りません。

単純計算で普通の食事で200マイクログラムなら、その2倍食べれば400マイクログラム摂取できる事になりますが、妊娠中は太りすぎる事によるリスクもありますから、ただ食べる量を増やせばいいという事でもありません。
また毎日必要となるため、食事だけで必要量を摂り続けるのも限界があります。
これを解決するには、サプリメントを取り入れればいいのです。

今は妊婦でも安心して飲めるサプリメントがありますし、サプリメントなら妊活をスタートさせる時から取り入れる事ができるので、一番必要とされる妊娠初期に不足する事で起こるリスクを軽減する事ができます。
妊娠中は中期から後期にかけても、継続して摂取します。

葉酸には造血作用があるので、妊娠中の貧血を予防するのにも役立ちます。
また母乳は血液から作られますから、授乳中も継続すると、造血作用が母乳の出を良くすると言われています。
妊活スタート時から、授乳終了まで長い間続けるには、食事よりもサプリメントの方が手軽ですし、1日数粒で必要量をクリアできるのもメリットです。

葉酸には1日1,000マイクログラムまでという上限があります。
これは過剰摂取によるリスクもあるからですが、サプリメントだけで必要量に達している場合は、レバーのような葉酸を豊富に含む食材を食べる時は注意が必要です。
ただし毎日食べるという以外は、食事からの量をプラスしても過剰摂取になる事はほとんどありません。

レバーが大好物で毎日食べるような場合は、過剰摂取になりやすいので、量を減らすかレバーペーストで代用しましょう。