葉酸はいつから飲み始めればいいのか

妊娠初期は胎児の成長に重要な意味を持つ事から、葉酸は積極的に摂取するよう、厚生労働省も推奨しています。
これは、妊娠初期に胎児の体の最も重要な部分となる、脳、心臓、神経、脊髄などが形成されるからです。
この時に葉酸が細胞分裂を活性化し、DNA合成をサポートします。

妊娠初期の妊婦に葉酸が必要となるのは、1ヶ月から3ヶ月の間です。
ただし神経や脳という重要な部分が形成されるのは、妊娠1ヶ月頃ですから、妊娠に気づいた時では既に成長が進んでいます。
体にとって重要な部分を形成するために必要となる以上、妊娠が分かってからよりも、妊娠を意識した時、妊活を開始する時から摂取するのが理想です。

妊活をしてすぐに妊娠しても、重要な部分が形成されるまでには少し時間がありますから、その間摂取し続けていれば、葉酸不足によるリスクは軽減できます。
仮に妊娠に気づいてから摂取しても遅いという事はありません。
葉酸は妊娠中期から授乳期まで長い間必要になるからです。
ただし初期に不足していると、神経管閉鎖障害のリスクが高まります。

実際に妊娠初期に不足している人と、妊娠前から積極的な摂取をしていた人とでは、神経管閉鎖障害のリスクが70パーセント軽減したという結果も報告されています。
妊娠前から摂取しておけば、必要とされる時期に間に合います。
仮に間に合わなかったとしても、あくまでもリスクの問題ですから、全く問題なく元気に生まれてきた赤ちゃんはたくさんいます。

妊娠初期だけ摂取していればいいかというと、実際には授乳が終わるまで続けます。
葉酸には造血作用があるため、妊娠中の貧血予防にも役立ちます。
妊娠中期から後期、出産までの間も赤ちゃんには栄養が必要ですから、お母さんの血液が不足すると赤ちゃんにも影響が出ますので、しばらくの間は続けます。

授乳中まで続けるのは、母乳が血液から作られる事もあって、造血作用が母乳の出をよくすると言われているからです。

葉酸は妊活をスタート時から摂取して、授乳期まで続けるのが理想です。
毎日続けるので、手軽に飲めるサプリメントが便利です。